自己満足!!

今回かねてから気になっていた事をやっと決行に移すことにした。

それというのは、XRにシフトアップ製のバックステップをつけたことにより、純正のサイドスタンドが使えなくなり、代わりの部品を使ってサイドスタンドをつけていたが、それをつけていることにより、アンダーカウルが使えない状態になり、レースの度に脱着しなけれればいけなかったので、純正流用して加工することにしました。

ちなみに社外品の部品を使うとエンジン下にサイドスタンドがつきます。

DSCF4009

まずは、純正ステップの赤い線で引いてあるとこを切断します。

DSCF4007

ここを切るとこんな感じになります。

DSC_5095

次は赤丸で囲っているとこがシフトのリンクロッドと干渉するため、削ります。

DSC_5098 DSC_5096こんな感じに干渉します(´д`ι)

下の画像の赤丸部分が主に干渉するのでペラペラになるまで削ります。

DSC_5102 DSC_5103

そうすることによって、ぎりぎりのクリアランスが生まれて、なんとか取り付けができます。

DSC_5106 DSC_5107 DSC_5108

 

ちなみに使用している部材の詳細はこんな感じです。

DSC_5106

完成図がこんな感じです。

DSC_5110 DSC_5109( ´艸`)ムププ

だからどうしたと完璧な自己満足な世界ですし、レースの時はどっちみちサイドスタンドは外さなければいけないという事にやってから気付きましたw

ただ、ネットでシフトアップ製のバックステップで純正サイドスタンド流用をしている人が出てこなかったので、参考にしてもらえれば幸いです。

Like
Like Love Haha Wow Sad Angry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*